受賞者インタビュー

受賞作品 えひめスイーツコンテスト2018年洋生菓子部門グランプリ受賞
柴田 臣輝さん

グランプリ受賞

香りと酸味がすてきな今治産レモンの良さを生かし、ほろほろとしたサブレの楽しい食感が特長の愛媛らしいお菓子です。

  1. 作品名
    アネモネ
  2. 使用産品
    レモン、ビワ、牛乳
  3. 氏 名
    柴田 臣輝さん
  4. お店情報
    パティスリー ル・ソレイユ
    四国中央市金生町下分203-4  TEL 0896-77-5463
    営業時間(10:00~19:00) 定休日:火曜日

Qえひめスイーツコンテストに参加したきっかけ、作品の思い出、受賞後の変化を教えてください。

 学生時代から挑戦してきましたが、当時は書類審査も通らず悔しい思いをしてきたので、2017年の洋ギフト部門、さらに2018年は洋生菓子部門でグランプリをいただき、とても嬉しく思います。
 私は四国中央市の洋菓子店で勤務していますが、2年連続の受賞は、オーナーシェフのおかげなんです。「やりたいことは挑戦してみなさい」といつも背中を押してくれて、膨大な知識や経験から的確なアドバイスをくださる。本当に恵まれた環境で働けていることを感謝しています。

Q日頃、愛媛県産品を使ったスイーツはどのようなものを作られていますか?スイーツに使いやすいお薦めの県産品、生産者との連携、工夫していることなどを教えてください。

 2017年はライム、そして2018年はレモンを軸としてえひめスイーツコンテストに臨みましたが、僕は1年間で得た情報を生かしてお菓子作りに取り組んでいます。また来年はどんな素材と出合えるのか、探っていくのが楽しみでもあります。パティシエになり、この2年はスポンジのようにたくさんのことを吸収する日々でした。
 今後も全国的なトレンドや新たな味、作り方などを学び、そこに愛媛のトレンドを融合させたえひめスイーツを追求していきたいです。

Q今後の目標・意気込み、えひめスイーツに期待することは?

 今に満足することなく、毎日勉強し続け、その成果をえひめスイーツコンテストなどで発揮していきたいと考えています。
 また、えひめスイーツコンテストに期待することは、もっと個人店や中小規模の企業が参加しやすい大会になっていくことです。そして東予、南予など遠方からの参加がもっと増えると、よりレベルも上がり、盛り上がってくると思うので、挑戦しやすくなるようなサポートをいただけるとありがたいです!

主催

  • えひめ愛フード推進機構
  • 愛媛新聞
  • 愛媛新聞サービスセンター
  • 愛媛CATV
  • コスモステレビ