.

ホーム

道後ロール

白鷺の焼印を押した人気のどら焼きの中に
期間限定で愛媛県産の栗を入れ、美味しさ倍増。

しらさぎ舎

黒糖 刻太鼓(ときだいこ)

白鷺パッケージの中には、栗をしのばせたどら焼き

石手寺前にある甘味どころ「しらさぎ舎」の名物は、黒糖で仕込んだ粒餡を、同じく黒糖を使うしっとり生地で包んだどら焼き「黒糖刻太鼓」。

嬉しいことに、2015年12月末までは、内子町や大洲市の栗が美味しいこの時期限定バージョンが登場しています。餡の中にしのばせているのは、甘露煮にした刻み栗。さらに、餡にはみかんの花のはちみつも入っており、優しい甘味もアクセントになっています。

一つずつ、白鷺をイメージしたパッケージに包まれており、店内飲食も持ち帰りもOK。店内で味わう際には、はだか麦のお茶を提供していただけます。美しいパッケージは、贈答用にも喜ばれそうですね。

■170円/1個(栗入り) 
※2015年12月31日までの限定(以降は栗なしバージョン)
■150円/1個(通常)

□ 使用県産品

  • みかんはちみつ
  • (栗・期間限定)
  1. 店名
    しらさぎ舎
  2. 住所
    〒790-0852 松山市石手3丁目7-30
  3. 電話番号
    089-914-0388
  4. 営業時間
    8:30〜17:00 (季節により異なります)
  5. 定休日
    無休

このお店を見た人は、その他にもこのお店を見ています

▲ 石手寺の門前にできたお店ではイートインも可

こんな“縁”を考えて作りました。

いにしえの時代、道後温泉を見つけたのは、傷を負った白鷺であるという伝説が残されています。四国遍路の元祖といわれる衛門三郎ゆかりの石手寺の前に位置している「しらさぎ舎」は、愛媛・松山の二つの伝説を結び、味わう人にゆかしい歴史ロマンに思いを馳せていただきたいと願っています。

このページのトップへ