ホーム

松山大学Museの道後スイーツレポート

道後スイーツ物語PR隊に任命された、NPO法人松山大学学生地域創造研究所Museのメンバーが、
道後ロールの取材に行きました。食べ巡りレポートはこちらからご覧いただけます。

お披露目イベント

10月1日、道後温泉本館で行われた『道後ロール』お披露目イベント。
私たちは道後オンセナートのために作られたBEAMSの浴衣を着て参加させていただきました。
どのロールケーキも個性的で美味しく試食しました。お店によって力を入れているものが違い、スイーツにこれを使うとどんな味になるのだろうと味を自分で想像してみて少し不安なところもありましたが、実際に試食してみるとどのロールケーキもとても美味しく、その不安が払拭されました。

ロールケーキに使用されるものは果物などの甘いものが定番ですが、野菜やお酒などの普段スイーツには無関係そうなものを使用しているところもありアイディアが素晴らしいと思いました。
道後ロールをきっかけに、道後でスイーツを食べることが旅の目的の一つになり、リピーターが増えてほしいなと思いました。

松山大学四回生 眞木里乃

普段から何気なく食べたり飲んだりしている食材がスイーツになっているのに驚きました。実際に食べるまでは本当にこの食材がロールケーキとして成り立つのだろうかと疑問に思うこともありましたが、実際に食べてみると違和感なく食べられ、とても発想が斬新でした。

道後ロールは「ご縁」をテーマに作られているとのことから、少しでも多くの人に道後ロールを食べに道後に足を運んで味わってもらうことで、人と人だけでなく、人と食材など様々な「ご縁」を見つけられるきっかけの一つになったらいいと思います。

松山大学四回生 小西智奈美

道後温泉本館で行われた、道後ロールお披露目イベントに参加させていただきました。“ロール”と一口にいっても、こんなにもたくさんの“ロール”を表現できるということにとても驚きました。どのロールも作り手さんの思いが詰まっており、こだわりがあり、個性的で、愛媛県産の食材がとても活かせれているなと感じました。


また、このスイーツを食べることで、愛媛県産の野菜や果物の美味しさを知るきっかけにもなるのではないかと思いました。この道後ロールは、道後でしか味わうことができません。

道後ロールを目当てに訪れてくれる観光客、リピーターの方が増え、どんどんご縁が繋がっていけば嬉しいです。また、地元の方もこの道後ロールを食べに道後に足を運ぶ機会が増え、さらに地元の人に愛される道後になってくれればいいな、と思いました。

松山大学三回生 遠藤芹奈

このページのトップへ