えひめスイーツプロジェクト トップ > えひめスイーツプロジェクトとは
えひめスイーツプロジェクトとは

えひめスイーツ素材データベース

えひめスイーツプロジェクYouTube

  • えひめスイーツオンラインショップ

えひめスイーツプロジェクト

えひめの「愛」あるスイーツでHappy & Smile

スイーツの素材に適した愛媛県産農産物等を活用した「えひめスイーツ」のコンテストの開催や農商工連携による新商品の開発等を行うとともに、各種イベントやフェアなどを通じて県内外に広くPRすることにより、県産農産物等のブランド化や販路拡大につなげていきます。

  1. えひめスイーツとは?
    愛媛県産農産物等の特長を活かして作られたスイーツで、食べた人が笑顔で幸せになれるスイーツ。(味、外見など、商品を特徴付けるものに、県産農産物等を使用しており、それをパッケージなどに明記しているスイーツ。)
このページのトップに戻る

えひめスイーツ愛ランド宣言

  1. えひめスイーツ愛ランド

    「古事記」に由来し、美しい女性を意味する愛媛県は、その名のとおり、温暖で穏やかな気候と豊かな自然環境、そして生産者の「愛」をもって育まれた、スイーツに適した数多くのフルーツや野菜などの農産品に恵まれています。
    私たちは、これらの農産品の特長を活かして作られた「えひめスイーツ」を一人でも多くの方々へ届け、食べた人が笑顔で幸せになれることを目指し、次のような取り組みを通じて、愛媛県を「えひめスイーツ 愛ランド」とすることを宣言します。

  1. 1

    「えひめスイーツコンテスト」などを通して、
    愛媛自慢のフルーツや野菜などを使ったアイデアあふれる「えひめスイーツ」を発掘します。

  2. 2

    農業者と商工業者の連携・協力を促進し、
    両者の共同作品とも言うべき「えひめスイーツ」の開発を目指します。

  3. 3

    「えひめスイーツ」を県民はもとより愛媛を訪れる観光客が楽しめるよう
    広くPRに務め、その消費拡大を図ります。

  4. 4

    新たなスイーツのメッカとして、
    「えひめスイーツ 愛ランド」を全国に発信します。

えひめ愛フード推進機構 愛媛新聞グループ

このページのトップに戻る

主催・共催・協賛社

このページのトップに戻る

ロゴマーク申請

  1. えひめスイーツ愛ランド

    えひめスイーツプロジェクトでは、「えひめスイーツ」を通して愛媛県産農産物のPRをするとともに消費拡大を目指し活動しています。 そこで、本プロジェクトの趣旨にご賛同いただいたうえで愛媛県産農産物等の特長を活かして作られた和洋菓子などを「えひめスイーツ」として認定します。

    認定された商品に対しロゴマークの使用を許可いたしますので、ロゴマークの使用を希望される方は、下記より申請書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、申請先までご郵送ください。

  1. 【申請先】
    〒790-8511 松山市大手町1-12-1
    愛媛新聞社営業局内「えひめスイーツプロジェクト」係
  2. 【問い合わせ】
    愛媛新聞社営業局営業開発部 TEL:089-935-2313 FAX:089-941-8111
  1. 第1条

    (趣旨)

    この要領は、えひめ愛フード推進機構及び株式会社愛媛新聞社が著作に係る権利を保有する、別記の「えひめスイーツ愛ランド」ロゴマーク(以下「ロゴマーク」という。)の使用承認等について、必要な事項を定めるものとする。
  2. 第2条

    (使用承認)

    ロゴマークの使用を希望する者は、ロゴマーク使用承認申請書(様式第1号)により、ロゴマークを管理する株式会社愛媛新聞社(以下「管理者」という。)に申請するものとする。
    2 管理者は、前項の申請が、次条に定める基準に適合すると認めるときは、必要な条件 を付してロゴマークの使用を承認し、ロゴマーク使用承認書(様式第2号)を交付するものとする。
  3. 第3条

    (使用承認基準)

    ロゴマークの使用承認基準は、次のとおりとする。
    (1) 愛媛県産農産物等の特長を活かして作られた「えひめスイーツ」の広報・宣伝・PRのために使用するとき。
    (2) 「えひめスイーツ愛ランド」宣言の趣旨に賛同し、その内容を広くPRするために使用するとき。
    (3) 「えひめスイーツプロジェクト」の活動時において、その活動の広報・宣伝・PRのために使用するとき。
  4. 第4条

    (使用料)

    ロゴマークの使用は、無償とする。
  5. 第5条

    (報告及び調査)

    管理者は、必要に応じて、ロゴマークの使用承認者に対し、使用状況の報告を求め、又は調査することができるものとする。
  6. 第6条

    (使用承認の取消し)

    管理者は、ロゴマークの使用承認を受けた者が、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、使用承認を取り消すことができる。この場合において、使用の承認を取り消された者は、取消しによって生じたいかなる損失も、管理者へ請求できないものとする。
    (1) 使用承認を受けた内容以外でロゴマークを不正に使用したとき。
    (2) ロゴマークの使用承認を受けた者が、各種関連法令(食品衛生法、品質表示の適正化に関する法律等)の違反する行為をしたことが判明し、ロゴマークの信用又はイメージを失墜させるおそれがあるとき。
    (3) 正当な理由がなく、前条に規定する報告若しくは調査を拒み、又は指示に従わなかったとき。
    (4) その他ロゴマークの使用承認を行う趣旨に反する行為をしたとき。
  7. 第7条

    (その他)

    この要領に定めるもののほか、ロゴマークの使用承認等について必要な事項は、管理者が別に定める。


    附 則
    この要領は、平成22年5月10日から施行する。


ロゴ使用申請書ダウンロード(PDFファイル)